So-net無料ブログ作成

西原理恵子さんの「卒母宣言」、共感する母親たちの思い [アイドル]

 漫画家の西原理恵子さん(52)のインタビュー記事について投稿を呼びかけたところ、母親を中心にたくさんのお便りが寄せられました。10月11日は「国際ガールズデー」。女の子たちへの思いが込められた投稿の一部を紹介します。

【写真】西原理恵子さんのエッセー「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」


 相模原市の山田晶子さん(66)は長女(40)が結婚した時、「仕事を続けなさい」と伝えた。その理由として、自身のこんな経験を明かした。

 中学生の時、父が「がんかもしれない」と漏らした。幸いがんではなかったが、「父が死ぬと大学には行けない。自分1人でも子どもを教育できる経済力を身につけたい」と決心。大学を卒業してから中学校の教員になった。

 結婚してからも、仕事はやめなかった。長男(36)が私立大学に入学した春に夫が急死した。それでも自身が働き続けてきたことで、長男を無事に卒業させることができたという。

 ただ、今の女性たちは長時間労働で体をすり減らし、子育てや介護の負担も女性に偏っていると感じている。

 「『女性活躍』とか言っているけど、(女性を取り巻く)環境はよくなっていない。1人でがんばりすぎないで」

 大阪市の高校で養護教諭をしている濱中栄理子さん(38)は、記事を読んで、保健室に西原さんのエッセーを置いたという。「王子様を待たないで」などと書かれたエッセーの冒頭部分に共感し、生徒たちに「最初だけでも読んでみたら」と声をかけている。将来の目標を見つけられず、「玉のこしに乗りたい」と話す女子生徒もいるからだ。

 進路に悩む生徒たちには「自分で決めないと、しんどい時に立ち向かえないよ」と助言する。「保健室の“母”としては、一度きりの人生を強くたくましく、キラキラと生きてほしい。大人も結構楽しいよ!」とエールを送った。

 千葉県市川市の女性(47)の中学3年生の娘(15)は昨年、部活の顧問の言動に疑問を持って退部した。その際、周りの保護者は顧問の言動について「しょうがない」といった反応で、「『やめぐせ』がつくよ」という声も耳に入ってきた。

 それでも「女の子こそ『やめぐせ』をつけないと一生苦労する」と思う。セクハラやアカハラ、デートレイプ、DV……。女の子は危険に直面することも多い。嫌なことは嫌と主張できる人になってほしいと願っている。

 「居心地の悪い所を変えていくことも大事だけど、手に負えないことも多い。女の子は『逃げる力』も持っていないと」

 西原さんが子育てを卒業する「卒母」を宣言したことについて、「西原さんと同じ気持ちです。自分の足で立ち、自分で幸せをつかんでほしい」と記した東京都足立区の佐藤美夏さん(50)。「卒母」は目前だ。

 会社員の長女(25)はこの春、結婚に向けて家を出た。看護師を目指す次女(22)も来春には家を出そうだ。子どもが小さいころ、まだ新しかった都庁の展望室に行ったこと。「AKB48選抜総選挙」の中継を一緒に見て涙したこと――。そんな思い出をたくさんつづり、「娘がいなかったら体験しなかった。子育ては大変だったけれど楽しかった」と振り返った。

 福岡市の飯山純子さん(54)はこの春、次女(23)が大学を卒業して「卒母」をした。

 長女(25)は高校1年生の時に病気で余命3カ月と宣告されたが、闘病生活を経て、関西の大学に進学。今、働きながら友人との時間も楽しんでいる長女を見ると、「自由は女性を美しくする」と感じるという。「色んなものから解き放たれ、命そのものを謳歌(おうか)してほしい」と願う。

 卒母後、飯山さんは1人で写真館に行き、華やかなオーガンディ素材のグレーのドレスを着て記念写真を撮った。2人の娘には、こんなメッセージを伝えた。

 「今からは女同士だから私の話も聞いてね。親に寄りかからず、お金は10円でも返しなさい」(湊彬子)


■7月に配信した記事の要旨

 6月に出版された西原さんのエッセー「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」(KADOKAWA、税別1100円)に込めた思いや、子育てを卒業する「卒母(そつはは)」宣言をした気持ちについて聞いた。

 エッセーで「王子様を待たないで」「お寿司(すし)も指輪も自分で買おう」とつづった西原さんは、女の子たちへのメッセージとして「自由と責任は有料です。つぶれない会社に勤める病気にならない夫は存在しません。絶対に人生のかじ取りを人に任せないこと」などと強調。「卒母」の宣言をした今の気持ちを「『ハッピーアワー』という時間だと思っています。おばさんはすてきよ、ということを伝えていきたい」と語った。
(この記事は社会(朝日新聞デジタル)から引用させて頂きました)





nice!(0)  コメント(0) 

Superflyが来年度「NHK全国学校音楽コンクール」中学校の課題曲提供 [アイドル]

 NHKは9日、来年度の「第85回NHK全国学校音楽コンクール」(Nコン)の中学校の部の課題曲の制作者にシンガー・ソングライターのSuperflyが決定したことを発表した。

 この日、東京・渋谷のNHKホールで「第84回NHK全国学校音楽コンクール 全国コンクール中学校の部」が行われ、来年度の概要を発表した。課題曲のテーマは「一歩」で、Superflyは「中学校の時、学校の合唱イベントで友達数人とゴスペルを歌いました。自分の気持ちを言葉で伝えることが苦手だった私は、歌い終わって受けた拍手の大きさに驚きながらも、『歌うことで自分を表現することができるんだ』ということに気がつきました」と自身の中学校時代の思い出をコメントで寄せ「みなさんの心がとっても開放的になるような、素直な心で楽しく歌えるような楽曲を作れたらいういなと思っています」と抱負を語っている。

 同コンクールの来年度の小学校の部の作詞は詩人・童謡作家の工藤直子さん、高校の部の作詞はつんく♂が担当する。つんく♂は「(高校生の)彼らは我々大人が思っている以上に大人な部分もある。でもまだまだピュアな部分もたくさんある。そして、学生だからこそ表現できる貴重なポイントがきっとあるはず。そういったセンシティブな部分が歌詞に反映できると良いなと思います」と意気込みを寄せている。

 過去の主な課題曲と担当者

 ◆2004年度(小学校の部)「未来を旅するハーモニー」(吉田美和)

 ◆2006年度(中学校の部)「虹」(森山直太朗、御徒町凪)

 ◆2007年度(高校の部)「言葉にすれば」(ゴスペラーズ)

 ◆2008年度(中学校の部)「手紙」(アンジェラ・アキ)

 ◆2009年度(中学校の部)「YELL(エール)」(いきものがかり)

 ◆2010年度(中学校の部)「I love×××(アイ・ラヴ)」(大塚愛)

 ◆2011年度(中学校の部)「証(あかし)」flumpool

 ◆2012年度(中学校の部)「fight(ファイト)」(YUI)

 ◆2013年度(小学校の部)「ふるさと」(嵐)

 ◆2013年度(中学校の部)「友~旅立ちの時~」(ゆず)

 ◆2014年度(中学校の部)「桜の季節」EXILE ATSUSHI

 ◆2015年度(中学校の部)「プレゼント」SEKAI NO OWARI

 ◆2016年度(中学校の部)「結―ゆい―」(miwa)

 ◆2017年度(中学校の部)「願いごとの持ち腐れ」(AKB48、作詞・秋元康)
(この記事はエンタメ総合(スポーツ報知)から引用させて頂きました)





nice!(0)  コメント(0) 

NGT48の単独ライブをTV初放送! 北原里英、アイドル“最後の夏”をプレーバック [アイドル]

NGT48がこの夏出演した「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りSUMMER STATION 音楽LIVE 2017」での単独ライブが、10月14日(土)夜6時にCSテレ朝チャンネル1にて放送されることが決定。楽曲ノーカットで、白熱のステージが繰り広げられる。

【写真を見る】北原里英の“アイドル最後の夏”をCSで堪能!

また、今回はステージのみならず、本番直前の意気込みや、ステージ後の感想など、舞台裏の様子もテレビ初放送される。

AKB48の姉妹グループとして2015年に新潟で誕生し、ことし4月にデビューシングル「青春時計」でオリコンウイークリーCDランキング1位を獲得したNGT48。

このステージでは研究生も含めた24人のほぼフルメンバーで、人気ナンバーの「NGT参上」「Maxとき315号」や、姉妹グループ・AKB48のシングル代表曲である「ポニーテールとシュシュ」「Everyday、カチューシャ」「恋するフォーチュンクッキー」などを歌唱し、会場を盛り上げた。

その他、ことしのAKB48選抜総選挙で13位にランクインした本間日陽(総選挙13位)ら新潟出身メンバーによる地元の魅力アピールや、同・23位の中井りかによる「六本木で高いおすしでも食べて帰ってください(笑)」というクスッと笑えるコメントなども盛り込まれたライブとなっている。

また、ライブ後に卒業を発表したNGT48キャプテン・北原里英は「このライブの時には卒業を決断していたので、“アイドルとして最後の夏だ”という思いでパフォーマンスしていました。

会場に来てくださった方は当時の熱気を思い出していただき、コアな方には『実は最後だと思ってやっていたんだな』と思いながら私のことを見てほしいですね」とコメント。

また、北原の卒業を受け、総選挙5位と大躍進を遂げた荻野由佳は「卒業は寂しくて不安ですが、卒業までに安心して笑顔で旅立ってもらえるように、これからもメンバー全員で頑張っていかないと、と思っています!」と今後のNGT48を引っ張る覚悟を見せた。
(この記事はエンタメ総合(ザテレビジョン)から引用させて頂きました)





nice!(0)  コメント(0) 

川栄李奈、適応力の高さで女優業を邁進! 『亜人』で見せたキレキレのアクション [アイドル]

 現在公開中の映画『亜人』で、玉山鉄二扮する厚生労働省・亜人担当職員・戸崎の部下・下村泉を演じている川栄李奈。劇中では、小柄ながらも戸崎のボディーガードとして、小気味よいアクションや、謎めいた人物像を好演している。2015年8月にAKB48を卒業後、順調な女優活動を続ける川栄の魅力に迫る。

川栄李奈 画像

 これまでもAKB48グループを卒業後、女優として活動していくことを宣言したメンバーは数多くいるが、最近の川栄の活躍ぶりは目を見張る。その最大の要因となっているのが、卒業直後に臨んだ舞台『AZUMI 幕末編』での評価だろう。主演のあずみを演じた川栄は、手数の多い殺陣のシーンで躍動感あふれる動きを見せるとともに、観客を引き込む表現力で非常に高い評価を得た。

 もともとAKB48在籍中に出演した宮藤官九郎脚本のドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)で、思い切りの良い演技を披露するなど、女優としての資質は随所に見せていたが、舞台の高評価により、活動の場は広がった。2016年にはNHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で、ヒロイン・常子(高畑充希)が世話になる老舗仕出し弁当屋・森田屋の娘・富江を、昭和初期という時代感をしっかり感じさせる表現力で演じ切った。

 その後も、コンスタントにテレビドラマに出演し、さまざまな顔を見せてきた。さらに、先月まで放送されていたドラマ『僕たちがやりました』(TBS系)では、弱っている男子を放っておけない、やや性に対して緩い女子高生・新里今宵を熱演。劇中では、露出度の高い衣装や、きわどいベッドシーンなど体当たりの演技を見せ、新境地を切り開いた。

 そして映画『亜人』では、舞台で魅せた身体能力を活かしたキレキレのアクションを披露している。これまでの共演者や演出家たちは、一様に川栄の、思い切りの良さや、勘の良さを評価していたが、『亜人』でメガホンをとった本広克行監督も、川栄の魅力を「『こうしたらどうだろう』と提案すると、すぐに実践できてしまうし、トレーニングも真面目に一生懸命やる。アイドルからの転身で、ああいうタイプの役者はなかなかいない」と芝居センスを絶賛する。

 本広監督の言葉通り、『亜人』の劇中では、アクション監督のさまざまな提案に対して、臨機応変に対応し、アクロバティックな動きも軽やかにこなす一方、謎の多い設定のため、過剰な表現ができないなか、泉という人物の“業”をしっかりと演じている。泉の演技が評価されてなのか、川栄主演の本作のスピンオフ作品も制作された。
 本人の充実ぶりは、舞台挨拶等の発言にも見受けられる。『亜人』の劇中で佐藤健や綾野剛が美しい肉体美を披露しているが、川栄は公開初日の舞台挨拶で「佐藤さんや綾野さんの裸を1800円で見ることができるんです。私なら10回は見たいです」と客席に呼びかけるなど、作品を盛り上げるためのトークも冴え渡っていた。

 2018年も、理系女子の青春を描いた『恋のしずく』で映画初主演を飾るほか、いくえみ綾の人気コミックを実写映画化した『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』、長澤まさみ&高橋一生が出演する『嘘を愛する女』で高橋演じる桔平に付きまとうゴスロリファッションの女の子を演じるなど、出演作が目白押しだ。

 どんな役柄にも対応できる適応力の高さと、物怖じしない思い切りの良さ……多くのクリエイターからの支持を得た川栄の快進撃は今後も続きそうだ。
(この記事はエンタメ総合(リアルサウンド)から引用させて頂きました)





nice!(0)  コメント(0) 

映画デビューの宮田悟志を永尾まりやが絶賛「格好良くてズルいな」 [アイドル]

 歌手の宮田悟志(33)が30日、都内で初主演した短編映画「Naoki Time is Life」(寺西一浩監督)の完成披露試写会に出席した。

 実業家の野呂田直樹氏(30)の半生をモデルに、家族愛を描いたヒューマンストーリー。同作が映画デビューとなり、主題歌も担当している宮田は「幸せな時間を過ごさせてもらった」としみじみ。

 ヒロイン役の元AKB48・永尾まりや(23)からも「初めてということで、宮田さんがお芝居がヘタだったら面白いなと思ってたんですけど、歌がうまい方って表現が上手。格好良くてズルいなと思いました」と絶賛されていた。
(この記事はエンタメ総合(スポーツ報知)から引用させて頂きました)





nice!(0)  コメント(0) 
Copyright © AKB48という奇跡 All Rights Reserved.