So-net無料ブログ作成
検索選択

BNK48に移籍する伊豆田莉奈がAKB48としてラストステージ 「前向きなことだから泣くのは違う」 [アイドル]

 来月2日にタイ・バンコクを拠点とするBNK48に移籍するAKB48の伊豆田莉奈(21)が29日、東京秋葉原のAKB48劇場で行われた劇場公演に出演した。

 AKBとしてラストステージで、終盤には壮行会が開かれ、入山杏奈(21)、加藤玲奈(19)、中西智代梨(22)ら同期の10期メンバーも登場。

 メンバーやファンから「卒業おめでとう」といじられると、「卒業じゃないよ。移籍だよ!」と笑顔でツッコミ。泣き出すメンバーもいたが、「前向きなことだから、泣くのは違う」と明るい笑顔を振りまき、最後は全員で「Reborn」を歌唱した。

 AKBの横山由依総監督(24)から「東京ドーム公演のときは、BNKとしてきて一緒にやろうね。約束やで」としたためられた手紙が届くと、大感激。「今の私の夢は、BNKをAKBを超えるグループにすることです」と誓った。

 移籍後は、毎週末にタイ各地のショッピングモールで行うモールツアーに参加するほか、BNKの冠バラエティー「BNK48 Show」に出演する。12月には専用劇場も完成予定といい、「パクチーはダメなんですけど、不安はありません。BNKをどんどん広めていきたいです!」と力を込めた。
(この記事はエンタメ総合(サンケイスポーツ)から引用させて頂きました)





梅田彩佳主演の新感覚エンターテインメント『SEPT Vol.7~FATALISM~』8月に上演 前田亜美、杉浦太陽もゲスト出演 [アイドル]

 梅田彩佳が主演を務める、ファンタジーエンターテインメント『SEPT Vol.7~FATALISM~』が、8月2日~7日まで銀座博品館劇場で開催される。

写真】『SEPT Vol.7~FATALISM~』ゲスト出演者の写真。

 『SEPT』シリーズの第7作目となる『FATALISM』は、メインストーリーと日替わりエピソードを組み合わせた変則オムニバスストーリーで構成され、歌、生バンド演奏、芝居、ダンス、アクロバット、殺陣などをふんだんに盛り込んだエンターテインメントとなっている。

 主演は昨年4月にNMB48を卒業した梅田彩佳。宮本亜門『ウィズ~オズの魔法使い~』の主演も務めるなど、ダンス&歌の実力は折り紙つき。さらに橋本全一、椿隆之、吉岡毅志ら多数の実力派俳優陣が脇を固める。

 脚本を務めるプロデューサーの杉浦タカオは「ライブハウスから初めたSEPTシリーズが銀座博品館劇場へステージ移し、音楽と芝居の織りなすエンターテイメントをより多くのお客様にお楽しみいただけるように頑張ります!」と意気込む。

 また、杉浦タカオの兄である杉浦太陽、元AKB48の前田亜美、PrizmaXの清水大樹、後藤健流らのゲスト出演も決定し、ステージに華を添える。

 『SEPT Vol.7~FATALISM~』は8月2日~7日まで、銀座博品館劇場で開催。
(この記事はエンタメ総合(デビュー)から引用させて頂きました)





“結婚宣言”の須藤凜々花も選抜メンバー入り!NMB48、劇場公演にてニューアルバムのリリースを発表 [アイドル]

6月27日、NMB48が、NMB48劇場にて『ここにだって天使はいる』リバイバル公演初日を迎えた。

【詳細】他の写真はこちら

6月3日に、この初日のステージに立つメンバーのオーディションが行われ(※Showroomにて配信)16名が決定。

6月17日に沖縄にて開催された『AKB48 49thシングル選抜総選挙』にて「結婚します。」と宣言して話題を集めた須藤凜々花も出演し、騒動を謝罪した。

また、公演内では、本公演に参加するメンバーの総称を“カトレア組”とすることが発表された。

そして、同じく公演内にて、8月2日に、NMB48の3rdアルバム(タイトル未定)の発売が決定したことが発表。

アルバム選抜メンバーは、以下の18名。

市川美織/太田夢莉/加藤夕夏/川上千尋/木下百花/久代梨奈/渋谷凪咲/城恵理子/上西怜/白間美瑠(センター)/須藤凜々花/谷川愛梨/内木志/堀詩音/矢倉楓子/山本彩加/山本彩/吉田朱里(五十音順)

リード曲は「まさかシンガポール」。3タイプの初回限定盤と、通常盤、劇場盤の全5形態でのリリースとなる。

また、リード曲のほかに、新曲として、NMB48メンバー全員参加曲、白間美瑠ソロ曲、ユニット曲(山本彩加、上西怜、梅山恋和、山田寿々、岩田桃夏、溝川実来)が収録される。

同じく8月には、神戸・ワールド記念ホールにて『NMB48 LIVE 2017 in Summer』を開催。さらに、秋にかけてNMB48初のアジアツアーも決定しており、その活動からますます目が離せなくなりそうだ。

(C)NMB48

リリース情報
2017.08.02 ON SALE
ALBUM『タイトル未定』

ライブ情報
NMB48 LIVE 2017 in Summer ~いつまで山本彩に頼るのか?Revenge~
08/05(土)神戸・ワールド記念ホール

NMB48 LIVE 2017 in Summer(仮)
08/06(日)神戸・ワールド記念ホール

NMB48 ASIA TOUR 2017(仮)
08/14(月)タイ・GMM LIVE HOUSE
09/29(金)香港・AsiaWorld Expo, Runway 11
10/01(日)台湾・ATT SHOW BOX

NMB48 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nmb48.com/
(この記事は音楽(M-ON!Press(エムオンプレス))から引用させて頂きました)





渡辺麻友は報われなかったのか? 2位卒業に見る孤高の輝き [アイドル]

もう天気にすら恵まれない……。先日、AKB48による「49thシングル選抜総選挙」が沖縄で開催。元祖神7の1人・渡辺麻友さん(23)が、卒業を発表しました。

当日は記録的な豪雨により、野外ステージでのイベントは中止。急遽、無観客による開票イベントとなりました。雨女としての呼び声も高かった“まゆゆらしい”といえるラスト総選挙。この日は別のメンバーが開票スピーチで結婚宣言をするなど、イベントは悪い意味で“伝説”となりました。

まゆゆといえば、在籍時に恋愛スキャンダルもなく下ネタなどの過激ジョークも封印。「AKB48にすべて捧げてきた」と発言したこともあり、完璧なアイドルと称されてきました。

しかし振り返ってみると超人気メンバーではあったものの存在が飛び抜けて輝いていたようには見えず、もっともアイドルらしいのに世間的には“報われなかったアイドル”などと呼ばれることもあるようです。

近年は「坂道系グループ」の人気に押され、難しい時期が続いているAKB48。功労者の1人といえるまゆゆのシングルCDにおけるセンター起用回数は、在籍期間の長さの違いはあれど単独センター回数が大島優子さん(28)とほぼ同じ!極端に報われなかったというわけではありません。

しかし現在人気を二分する存在の指原莉乃さん(24)と比べると、テレビ露出の少なさは顕著。指原さんが地方拠点のHKT48へ移籍していることを加味すると、まゆゆが“報われない”と表現されるのも仕方ないのかもしれません。

AKBを見ていると真面目な彼女に好感を抱くものの、目に入ってくるのはアピール上手な他のメンバーばかり……。なんて矛盾を感じたことのある人もいることでしょう(熱狂的なまゆゆ推しは除く)。好感と見たときの面白さを感じる人が違うのは、ひとえに「AKBメンバーの芸人化」が1つの理由かもしれません。

人は集団になればなるほどパッと見のインパクトは強まり、ひとりひとりの個性は薄まります。そのため瞬間的に理解できるキャラクターや表現力が求められるのです。その結果として真面目にコツコツ努力を重ねてマイペースに光り輝く人よりも、その場の瞬発力でソツなく対応できる人の方が重宝されるようになります。あれれ、なんだかこれって一般社会の縮図のような気がしてきませんか。

まゆゆの存在を「80年代の匂いがする」と評する人もいるようですが、まさに彼女のスタンスや存在は昭和の時代に評価されたやり方なのかもしれません。

彼女のストイックさがけっこう好きな筆者は、結論を出したところで「ぐぬぬ」と悶絶しそうになりますが……。ソロになったら彼女の真面目さやストイックさがほぐれ、大人の女性としての厚みが魅力の1つとして加わることを願うばかり。涙も弱みも見せなかった孤高のアイドルまゆゆ。少し早いお疲れ様と、卒業したらもう少しはっちゃけた本音を見せて!

(文・イラスト:おおしまりえ)
(この記事はエンタメ総合(女性自身)から引用させて頂きました)





ドリカム、USJライブで「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」とのコラボ発表 [アイドル]

DREAMS COME TRUEが昨日6月25日に大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにてライブ「LIVE MONSTER LIVE 2017 DREAMS COME TRUE SPECIAL LIVE at UNIVERSAL STUDIOS JAPAN」を開催した。

【写真】「LIVE MONSTER LIVE 2017 DREAMS COME TRUE SPECIAL LIVE at UNIVERSAL STUDIOS JAPAN」の様子。(撮影:岸田哲平)(他5枚)

現在ユニバーサル・スタジオ・ジャパンと「UNIVERSAL STUDIOS JAPAN "DREAM PROJECT 2017"」と題したコラボ企画を行っているドリカム。昼時、約8000人の観客を前にパークに現れた2人は、「うれしい!たのしい!大好き!」でライブをスタートし、オーディエンスのテンションを一気に引き上げる。「愛がたどりつく場所」「サンキュ.」などのヒットナンバーを披露したのち、2人は「この夏、スペース・ファンタジー・ザ・ライド、通称スぺファンが、ドリカムのアトラクションとなって登場します。ドリカムとスぺファンのコラボレーションです!」と発表し、場内を大いに盛り上げた。6月30日より開催される「スペース・ファンタジー・ザ・ライド with DREAMS COME TRUE」と銘打ったアトラクションは、ドリカムと一緒に宇宙を救うというテーマによるもの。アトラクションの待ち時間に流れる映像には、2人をアニメ化したキャラクターが登場する。キャラクターに声を吹き込んだことについて、吉田美和(Vo)は「『私はミワ!』とか言った!(笑)」と興奮気味に語っていた。

その後ライブにはエルモやクッキーモンスターら「セサミストリート」の仲間たちが登場。さらにドリカムは「UNIVERSAL STUDIOS JAPAN "DREAM PROJECT 2017"」のテーマとして書き下ろした新曲「あなたと同(おんな)じ空の下」を初披露し、ファンを喜ばせる。さらにライブでは初披露となる「KNOCKKNOCK!」や「何度でも」が届けられ本編は終了した。アンコールでは2007年にユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」のテーマソングとして誕生した「大阪LOVER」の演奏も。パークの人気キャラクター・ミニオンも駆け付け、ドリカムのステージを盛り上げた。

なおこのライブの模様は、7月1日(土)放送の日本テレビ系音楽特番「THE MUSIC DAY 願いが叶う夏」で一部オンエアされることが決定。7月15日(土)からはHuluにて全編が配信される。また新曲「あなたと同(おんな)じ空の下」は、本日6月26日よりiTunes Storeとレコチョクで配信中。

日本テレビ系「THE MUSIC DAY 願いが叶う夏」
2017年7月1日(土)13:00~22:54(ニュースによる中断あり)
<出演者>
相川七瀬 / 秋川雅史 / 嵐 / [Alexandros] / E-girls / 家入レオ / 石川ひとみ / VAMPS / UVERworld / ウルフルズ / HKT48 / AKB48 / A.B.C-Z / EXILE THE SECOND / SKE48 / F-BLOOD / 大塚愛 / 岡村孝子 / 亀と山P / 関ジャニ∞ / Kis-My-Ft2 / 木村カエラ / きゃりーぱみゅぱみゅ / KinKi Kids / 倉木麻衣 / 欅坂46 / 米米CLUB / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / GENERATIONS from EXILE TRIBE / ジャニーズWEST / SHOW-YA / 鈴木雅之 / SEKAI NO OWARI / Sexy Zone / 高橋優 / 竹原ピストル / 谷村新司 / 千秋 / DEAN FUJIOKA / TOKIO / 徳永英明 / DREAMS COME TRUE / 西野カナ / NEWS / 乃木坂46 / 野口五郎 / 秦基博 / Perfume / 原田知世 / PKCZ(R)&登坂広臣,Crystal Kay,CRAZYBOY / hitomi / 平井堅 / ビリー・バンバン / PINK SAPPHIRE / フェアリーズ / flumpool / Hey! Say! JUMP / 星野源 / 布袋寅泰 / ポルノグラフィティ / 三浦大知 / 三浦祐太朗 / miwa / モーニング娘。'17 / 薬師丸ひろ子 / 屋比久知奈 / ゆず / REBECCA / 渡辺徹 / 渡辺美里 / WANIMA

総合司会:櫻井翔(嵐)

※徳永英明の「徳」と「英」は旧字体が正式表記。
(この記事は音楽(音楽ナタリー)から引用させて頂きました)





広告スペース
Copyright © AKB48という奇跡 All Rights Reserved.