So-net無料ブログ作成
検索選択

村山彩希プロデュース、「劇場の良さ伝えたい」=16期研究生の新公演開幕-AKB48 [アイドル]

 AKB48の16期研究生による新公演「レッツゴー研究生!」が28日、東京・秋葉原のAKB48劇場で初日を迎えた。

写真特集〕AKB48村山彩希プロデュース「レッツゴー研究生!」公演

 この公演は、劇場公演に人一倍の情熱を注ぐメンバーとして知られるチーム4・村山彩希がプロデュース。これまで16期生の劇場公演を見続け、アドバイスを送ってきたという村山は、「研究生の頃は先輩からたくさん吸収した方がいい。劇場の良さをみんなに伝えられたらと思って(プロデューサーを)引き受けた」などと経緯を明かした。

 新公演は全16曲。「トータルのテーマは学校」(村山)だといい、16期生は全体リハーサルで「その汗は嘘をつかない」「High school days」「チーム坂」などの“青春ソング”をはつらつと歌い、踊った。公演を締めくくる楽曲は「家出の夜」。村山は「(16期生に)将来の夢に向かって頑張ってほしい」との思いを込めて選曲した。

 リハーサル後に取材に応じた村山は「16期生は、どの公演でも涙が出そうなくらいキラキラしている。私が作ったセットリストでみんなが踊ってくれるのを見て、うれしくて感動した」と笑顔。「やってほしい楽曲があり過ぎて、セットリストを考えるのが楽しかった」と振り返った。

 一方、新公演で「右足エビデンス」をソロで披露する山内瑞葵は「気合を入れてレッスンをしてきた」と力を込め、山根涼羽は「この公演のために4キロ痩せました」。浅井七海は「(レッスン中には)16期生の中でぶつかることもあったけれど、それを乗り越えてきた。(新公演を)がむしゃらにやっていきたい」と意気込んだ。

 18人いる16期生のうち、公演初日のステージに立つのは「16人」と発表されていたが、村山は全体リハーサルの冒頭、「(パフォーマンスを十分に)できないままステージに立っても16期生の成長にはつながらない。今の環境で甘えて育ってほしくないという思いがあり、初日公演は15人で迎えさせていただきます」と涙ながらに語った。その上で、「18人全員が初日を迎えられる日まで、ぜひ楽しみにしていただけたら」と呼び掛けていた。
(この記事はエンタメ総合(時事通信)から引用させて頂きました)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © AKB48という奇跡 All Rights Reserved.