So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

小田えりなが段ボールにはまり、本田仁美は顔が真っ黒に! AKB48が“リアクション”に挑戦 [アイドル]

1月21日の「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(チバテレ)第8回放送は、栃木県代表・本田仁美、群馬県代表・清水麻璃亜、東京都代表・小栗有以、神奈川県代表・小田えりなが登場した。

【写真を見る】アイドルの顔が真っ黒に! 本田仁美が「墨汁着きタオル」に挑戦した

観客のアンケート結果を予想する「―観覧待ち調査!」では、「千葉県の東京ディズニーランドに一緒に行きたいメンバー」の順位を予想。鈴木拓から「ファンの気持ちがわからなかったらアイドル失格」とプレッシャーを掛けられる。

他のメンバーが自身を1位と予想する中、清水は2位と予想。「大人の女性として、東京ディズニーシーだったらしっとりしたデートができる」と語った。しかし、結果は清水が1位に。

跳び上がって喜んだ清水だったが、「スプラッシュ・マウンテンに乗った時の写真で変顔をしてそう」「一緒にいても周りに気付かれなさそう」という理由を聞き、「なんか複雑。ジャンプして喜んだのがバカみたい」と肩を落とした。

■ リアクションで拍手をもらうことができるか?

後半は、2分の1の確率で“抜群のリアクションが取れる”お題に挑戦する「パッチパチ!スタンディングオベーション!」を開催。

二つのうち一つが座っても潰れないように加工されている「ロシアンダンボール」では、小田が潰れない方の段ボールを選んでしまい、スタジオは微妙な空気になる。すかさず、鈴木が潰れる段ボールでお手本を披露。メンバーは拍手喝采だった。

さらに、「墨汁着きタオル」では、タオルで顔を拭いた本田の顔が真っ黒に。鈴木から「それで切れのあるダンスを!」と振られると、笑顔で踊って見せた。

「本日のお立ち台メンバー」に選ばれたのは本田は、「これ(墨汁)やってお立ち台に立てなかったら本当に怒ろうと思っていた」と言い放ち、笑いを誘った。

■ メンバーの“神対応”で鈴木がデレデレに!?

次回の放送は、茨城県代表・岡部麟、東京都代表・小栗有以、神奈川県代表・小田えりな、山梨県代表・左伴彩佳が出演する、バレンタイン企画の2本立て。

誰が鈴木にチョコレートを渡すことができるかを競う「―バレンタイン・ロワイアル」では、「先入観を排除して判定する」という鈴木の言葉に、左伴が人一倍やる気を見せる。しかし、調子に乗り過ぎてしまい、鈴木のキスで恐怖の表情に。

ほか、握手会や写メ会、ライブステージなどで、メンバーから“神対応”を受けた鈴木がデレデレに? そして、誰がチョコレートを受け取ってもらうことができるのか?

後半の「―チョコッと討論会」は、観客が出したテーマに沿って、メンバーが“チョコっと”だけ語り合う。しかし、想定外のことが起こり、コーナーは思わぬ展開で進んでしまう。

第8回のリピート放送は1月28日(日)、次回の新作は2月4日(日)に放送予定。(ザテレビジョン)
(この記事はエンタメ総合(ザテレビジョン)から引用させて頂きました)









nice!(0)  コメント(0) 

AKB48横山、向井地、入山が明日配信のニコ生で鍋囲んだりカラオケしたり

AKB48の横山由依、向井地美音、入山杏奈が、明日1月23日(火)よりニコニコ生放送で配信される特別番組「AKB48ゆいはん、みーおん、あんにんのニコ生女子会」に登場する。

【写真】横山由依(AKB48)(他3枚)

この番組はAKB48の9thアルバム「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」が1月24日にリリースされることを記念した特番。今回の配信では、ゆいはん、みーおん、あんにんがこたつに入って鍋を囲んだり、カラオケをしたりと、3人による女子会の様子を楽しめる。

なお番組では13:00よりAKB48のミュージックビデオを配信。3人は21:30より出演する。

ニコニコ生放送「AKB48ゆいはん、みーおん、あんにんのニコ生女子会」
配信日時:2018年1月23日(火)13:00~
配信URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv310348228
<出演者>
横山由依 / 向井地美音 / 入山杏奈
※3人は21:30から出演

(c)AKS
(この記事は音楽(音楽ナタリー)から引用させて頂きました)



nice!(0)  コメント(0) 

STU48単独ライブでキャプテン岡田が涙「ここに立ててうれしい」 [アイドル]

 AKB48グループの“末っ子”で、瀬戸内7県を拠点に活動する「STU48」が21日、東京・文京区の東京ドームシティホールで「STU48単独コンサート~ファンになってください~」を開催した。

 同グループ最大規模となる2000人のファンを前に、31日発売のメジャーデビューシングル「暗闇」を披露。選抜、非選抜関係なく、平均年齢16歳、総勢30人でパフォーマンスし、キャプテンの岡田奈々(AKB48兼任=20)は「一人ひとり頑張っている姿を見て、このみんななら、どんなことも乗り越えられる。デビューに向けていい一歩を踏み出せたなと思います」と充実感をにじませた。

 センターの瀧野由美子(20)も「デビューまであと10日。実感はないんですけど、こういうすてきな曲をいただけて、私はセンターに選んでいただけて、一生の宝物になると思う。よろしくお願いします」と決意を新たにした。

 アンコール後、メンバーを前に岡田は涙ながらに心境を告白。メンバーは1か月以上前からレッスンに励んでいたというが、岡田は自身のソロコンサートを16日に行ったため、17日から参加した。「メンバーは絶対、絶対成功させたいと思っていたのを知っていたし、頑張ってきたことを知っていた。私もサポートしてくれて…すごくすごく私もここに立ててうれしい」

 続けて「レッスン中に怒られるし、本番中にも怒られるし、本当にまだまだだなと思っているんですけど、みんな一人ひとり課題と向き合ってるなって。時間がない中で詰めて詰めて自分のパフォーマンスを磨いてくれた。このグループのキャプテンをやらせていただいて、幸せです。私もいつも初心に帰ることができています」と感謝した。

 最後は、グループ最初のオリジナル曲「瀬戸内の声」をファンと一緒に熱唱して締めくくった。
(この記事はエンタメ総合(東スポWeb)から引用させて頂きました)








nice!(0)  コメント(0) 

NGT48最新シングルが1位/リクアワ25~1位 [アイドル]

<AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト100>◇20日◇夜公演(25~1位)◇2000人

 夜公演では25~1位が発表され、NGT48が最新シングル「世界はどこまで青空なのか?」で1位に輝いた。NGT48は昨年の「Maxとき315号」に続く1位で、姉妹グループでは初めての2連覇を達成した。ランキングは以下の通り。

(25)微笑みの瞬間

(24)秘密のダイアリー

(23)だらしない愛し方

(22)大人になる前に

(21)アイスのくちづけ

(20)冬将軍のリグレット

(19)Choose me!

(18)野蛮な求愛

(17)恋するRibbon!

(16)僕の涙は流れない

(15)コイントス

(14)抱きつこうか?

(13)ぎこちない通学電車

(12)ここで一発

(11)ナニカガイル

(10)Get you!

(9)青春時計

(8)月と水鏡

(7)みどりと森の運動公園

(6)ロマンティック病

(5)Maxとき315号

(4)花占い

(3)下の名で呼べたのは…

(2)47の素敵な街へ

(1)世界はどこまで青空なのか?
(この記事はエンタメ総合(日刊スポーツ)から引用させて頂きました)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1830m(2CD+DVD) [ AKB48 ]
価格:3291円(税込、送料無料) (2017/10/15時点)








nice!(0)  コメント(0) 

HKT松岡はな、誕生日に初ソロ曲がリクアワ76位 [アイドル]

 AKB48グループの人気楽曲をファン投票で決める「リクエストアワー セットリストベスト100」が19日、東京ドームシティホールで開幕した。対象曲は1078曲で、初日は100~76位が発表された。

 この日最上位の76位は、HKT48のセンター松岡はな(18)の初ソロ曲「女の子だもん、走らなきゃ!」だった。偶然にもこの日は18歳の誕生日で、「今日は、はなの誕生日で~す!」と笑顔でファンにあいさつした。お礼に客席からサイン入り色紙を投げようとしたが、失敗して間下に落ちてしまうハプニングを起こして苦笑い。場内を爆笑に包んだ。

 この日はHKT48の楽曲が6曲と大量ランクインした。99位に「キスは待つしかないのでしょうか?」、90位に「HKT城、今、動く」、82位に「メロンジュース」、79位に「ぐにゃっと曲がった」、78位に「最高かよ」も入った。

 18日には、3月から1年ぶりのアリーナツアーを開催することが発表された。田島芽瑠(18)は「寸劇の台本を考えたい。やらせて下さい」と直訴。指原莉乃(25)が「私は何の役?」と聞くと、田島は「さしこちゃんはエロ教師。保健室のベッドで(セクシー楽曲の)『誘惑のガーター』をやってほしい」と笑わせた。
(この記事はエンタメ総合(日刊スポーツ)から引用させて頂きました)









nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -
Copyright © AKB48という奇跡 All Rights Reserved.